Archive for 2005 年 3 月 31 日

海外へのアプローチ2

以前記入した「海外へのアプローチ」記事の続編。

いくつかの海外サイトに登録したんだけども、その後明らかにアクセスが増えている。嬉しい。
それにプラスして、そこから僕のサイトを知った人がブログで記事を公開してくれてるようでさらに訪問者が増えているようである。感謝。

そういったブログをいくつかチェックしてみた。
で、分かったこと。
アジア系の国の方のところでは、ブサイクタッチのイラストを評価してくれてた。
南米、ヨーロッパ系の国の方のところでは、オモチャタッチのイラストの受けがよい様子。
せっかくなんでトラックバック機能を使ってみようかとも思うんだけど、いまいちまだブログよく分からないので悩み中。
と、ひとつ問題点も明らかに。
「日本語のページなんで読めないところが多いのだが・・」と指摘されてる。あーそうだわなー。
しかも私、生意気にもスタイルシートなんか使ってフォント指定なんかしてるもんだから、アルファベット部分もおそらく文字化けしてると思われる。多分。
どうしたもんかなー。英語ページ作れるほどの頭は持ち合わせてない。

ちょっと調べてみてこんなサービス発見。

自分のサイトを翻訳してくれる。また、その翻訳したページへのリンクを作成することも可能、みたいなサービス。
おー!と思って試してみたんだけどうまく表示されないページがあったり、フレーム分けしたメニューから飛ぶとダメッぽかったり・・・。
んー、どうしたもんかな。ちょっと考えてみようと思う。

でも、上記サービス、うまく利用できる人は活用してみてはどうでしょか?


くるま

英語教材のイラストお仕事の方がとりあえず一段落したんで昼過ぎまで寝てたら同業者のおともだち「いぬしげ」くんからの電話で起こされる。
ついにドメインを取るんだそうなドットコム。かなり寝ぼけててごめんなさい。いいサーバー会社はみつかったかな?

WEBの更新やら学校授業の素材準備なんかをぼちぼちやってるところに新規のお仕事メールが。ありがとございます。しかも僕の大好きなジャンル「車」関連の本の表紙とのこと。昔からよく読んでる車やバイクの雑誌を出版されてる出版社さんなんでさらに嬉しい。

車といえばさっきデータを整理してたらなつかしい写真データが出てきたので載せてみる。以前の愛車のmini1000。キャブ仕様。なぜかバケットシートまで装着してた。結婚してから夫婦ふたりがそれまで乗ってた車を手放して手に入れた車。僕が中学校のころからずっと憧れてた車。買った当初はトラブル多かったけども信頼できるショップさんに通うようになってからは絶好調で、それはそれは楽しいおもしろい車だった。
コンビニに出かけるだけでも、エンジンかけるだけでもなんかワクワクするとはなんと素敵なことだろう。

お子様が生まれて、荷物なんかをたくさん積む必要がいっぱい出てきて、泣く泣く手放した。嫁はほんとにちょっと泣いていた。

またいつか手に入れたい。そんな車。
mini01.jpg

mini02.jpg


海外へのアプローチ

お知り合い「MORI」くんのまねっこしまして、マイWEBのトップページにも海外の登録サイトへのリンクをポコポコ取り付けてみた。こういったサイト、たくさんあるんですな。(日本でいうと「パトロン」さんみたいな感じ?)

よく考えると、インターネットは世界中に広がってるんだねと再確認。登録されてるサイトを見て回ってると、もーあっという間に時間が過ぎていく。すごいねーおもろいなーかっこえーねーがいっぱい。
今まで海外サイトはあんまり見て回ってなかったもんで(エロ除く)、衝撃的だ。フルFLASHサイト、つくりたくなるねぇ。更新とか大変じゃないんかな?ちゃんと考えてつくってるんだろうなー。

登録したとたん、結構アクセスアップ。ブラジルの方からメールもいただいた。嬉しい。楽しい。
地味でローテクなWEBだけども、ちょっとずつ海外へもアプローチしていこうと思う。

皆様もどーですか?


個人情報保護法

4月から施行されますな。
個人の権利を守る、というよりは、個人情報を扱う企業側がしっかりせんといかんよ、じゃないと罰するから!というものらしい。

罰則は「6ヶ月以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金」。
情報を守れなかった企業とミスった本人両方に責任があるとのこと。

「個人情報」とは、どのようなものを指すのか。氏名、生年月日などそれらで個人を特定できるような情報はすべて「個人情報」。画像や音声なんかもなりえるし、メールアドレスなんかも。

よくニュースなんかで会社のサーバーにハッカーが侵入、データを10万件分盗まれた!等が発表されたりもしてますが、実際にはもっと身近な所でこの法案が適応されるようになるようだ。
例えば、携帯電話を落とした、あるいは名刺ケースを落とした等で情報が漏れたとしても思いっきりアウト。
うっかりさんは要注意ってことですな。

これによって、各企業が意識的にこれまで以上に情報管理をすることは
良いことだと思う。結果これで訳分からんエロティックDMなんかも減ってくれるといいんだが。これはなかなか減らないかもしれん。

僕の場合、非常勤講師をしてることもあって、担当してる生徒さんの個人情報をけっこう扱うことになる。成績なんかも個人情報だ。
これからはとにかく厳重な管理を!ということらしい。
うっかりさんな僕、気を引き締めないと。

そうそう、またファイル共有ソフト利用者の間で恐ろしいウイルスが広まってるとのこと。以前、京都府警やらのデータなんかも漏洩させた通称「キ○タマ」ウイルスの新種らしい。
感染すると、自分のデスクトップのスクリーンショットを撮影し、メールの送受信履歴とか丸秘画像とかエクセルワードのデータなどなどをまとめてネットワーク上にばら撒くという恐ろしいやつです。
おもいっきり個人情報流出これでもかっちゅうくらい個人情報流出。

気になる方は、以下のサイト等で調べてみるとよいかも。

http://kintama.client.jp/


山とエロ本

お子様そら君4歳と近所をブラブラ。
山のふもとにある公園へ行った。
ここは僕が小学校のころよく遊んだ場所。なつかしーなーと思いながら山頂付近までへーこらと登る。そこからは琵琶湖が見渡せて気持ちがよいのである。

途中、発見。そう、エロ本。昔と変わらんねぇ。
童貞キッズ達の聖地なんだよねぇ、ココ。
いろいろ思い出してくる。

小学校2年生ぐらいのころ、エロ本保管用の基地作ったなぁ。
で、上級生に乗っ取られて戦争したこともあったな。必死だったな。
その基地、同級生M君が放火して消防車出動したりして大騒ぎになったこととか。
あ、女性用下着が大量に発見されたこととかもあったけど、あれはエロいというより、怖かった。なんか犯罪の匂い(いや匂ってないよ!)を感じたのかも。
そうそう、無修正エロ本(当時でいうビニ本?)を始めて拾って見たのもココだった。当時5年生くらいかな?衝撃だった・・・。えー!?て感じだった。S君が確かジャンケンに勝利して持ち帰り。悔しかったなぁ。

まー、落ちてるエロ本、いまさら拾って見るなんてことはしないです(子供の教育上?)。時代はインターネット、ITITだぜ。
と、そこから数メートルはなれたところになんだか立派な感じのハードカバー本が落ちている。お、これってこの時期だし卒業アルバムじゃない?すてちゃうなんて、よっぽどいい思い出ないんかいなと気になり見てみる。
が、それは卒業アルバムではなかった。

高橋由美子写真集「Breath」

えー?うーん、微妙・・・。
ページの中で微笑む由美子さんも少し悲しげに見える。雨で少し湿ってるからなのかもしれないが、泣いているようにも感じた。
そっと元にあった所に戻す。

「さあ、おうちに帰ろうか。」
きっと、息子そら君ももう少し大きくなったらココでいろいろ学んでいくんだろうな。

ちなみに今、ネットで「Breath」を検索してみたんだけども、特にプレミアものではないようだ。まーそうだわなー。


macintosh起動

クライアントにラフデータを送ったものの「開けないですけど・・・。」と連絡が。

受け取り側はmacintosh。んー、今まで特に問題はなかったんだけどなーと思いながら、久しぶりに自宅macintoshを起動してみた。
ダウンロードして確認してみるも問題はない。
あー、ひょっとするとアプリケーションの関連付けがはずれるからかなぁと思い、「もしwindows機があるなら一度それでダウンロードしてみてください。あるいはmacintoshでファイルを開く場合は、アプリケーションの開くメニューから開いてみてください」と連絡を入れる。
問題解決。よかったよかった。

そうだそうだ。macintoshて拡張子でなんのデータか認識しないからたまにこういうこと起こりますな。逆にmacintoshユーザーさんからデータを受け取るとき、拡張子がないためやっかいなことになったりも。

と、今回、自宅macintoshを起動したわけですが、ほんと久々でした。1年ぶりくらい?現在はwindowsメインでやってますが、数年前まではmacintosh信者だったわたし。初めての愛機はパフォーマ。懐かしい。3年ほどでぶっ壊れ、次がパワーマック7600。数年使い、途中G3カードを入れたりしてカスタマイズするも3DCGをメインにやり始めたことであきらかにパワー不足。ちょっちょこちょっちょこスペックが大きく上がり新機種が発売されることに愛想がついたこともあり、[だせー!」と言っていたwindowsに移行。現在にいたる。

まー、どっちも好きです。けど、今からG5とかを買うかというと買わないでしょうなぁ。というか買えないし。mac miniが欲しいです。
特にそれでなにをするってこともないんですが。

で、起動したついでに自分のWEBを見てみる。あー、こんな風にみえるんだ・・・、あー、このタグ、こうなるのねぇ・・・。
見なかったことにして、システムシャットダウン。

今度起動するのはいつだろう。


性格診断

知り合いの方々(ロケジャ氏、ゆかぽんちゃん)が、やってたんで、僕もやってみた。

http://www.egogram-f.jp/seikaku/

エゴグラムによるあなたの性格診断結果

■性格
自分の地を丸出しにして、何ら飾る事の無い生き方をしても、人に非難される事の最も少ないタイプの一つです。常識家で有ると共に、責任感や使命感が強く、人の面倒見も悪く有りません。対人関係の配慮も行き届いて居り、いかなる場合でも、自分本意、自分勝手な態度や行動を、明からさまにする事は有りません。人生観や価値感が安定して居ると共に、精神的、感情的な安定度も高く、滅多な事で右往左往するような事は無いでしょう。人生教師的な雰囲気を持つタイプでしょう。

■恋愛・結婚
世間一般の常識や、ヒューマニズム的感覚から遊離した行動は、先ず取れないタイプですので、恋愛や結婚に於ける行動半径も、そう野放図なものとは成り得ません。突拍手も無い事や型破りな事で、自分の欲望や本能を満足させようとするのでは無く、一般的に許されている範囲の中で、バラエティを付けた生き方によって、好奇心や欲望を満たして行こうとするタイプです。良夫良妻タイプの一典型でしょう。

■職業適性
治安関係の公務員や法律家、科学者、芸術家、事業家などには、余り向いた性格とは云えませんが、広く一般的な職業には抜群の適応力が有るでしょう。中でも教師、医師、看護婦(士)、保母(夫)、秘書、宗教家、カウンセラー、ケースワーカーなどの仕事では、特に優れた適応力を発揮出来る可能性が有ります。

■対人関係
職場や井戸端社交に於いて、人生コンサルタントや人生アドバイサー的な役目を受け持って居そうなタイプで有り、家族や知人、友人の信頼が非常に厚いタイプで有る可能性が高いのです。貴方のようなタイプの社会的な存在価値と云うものは、そのような所にも有る訳でして、社会をスムーズに動かす為の進行係の一人として、今後も健闘して欲しいと思います。

まー、どうなんでしょう。なんとも面白みのあんまりない人間ですな。
結構当たってるかなと思うだけに複雑。


愛知万博に思うこと

明日ラフアップのお仕事がとりあえずまとまったんで、ひなあられをカリコリ食べながらこれを入力しております。カリコリとまらないねぇ。

で、盛り上がってきてますねー。そう、愛知万博
・・・・。うーん。

キャラクターのオイドンとモッコスもかわいいしねぇ・・・。
えー・・・。

どうなんかなぁ。
何故か嫁さんが前売り券をゲットしてきたんで行くことにはなると思うんだけども。正直、うーん、正直なぁ。

まー、昨日TVでやってたのを見て、ロボット型の歩行マシーンとかかっこよかったし、あの未来の乗物と騒がれたセグウェイなんかにも乗れるッぽいんでちょいと興味出てきましたが。

あー、あと、藤井フミヤ総合プロデュースの世界最大級万華鏡「大地の塔」。そう、やっぱアートといえば片岡鶴太郎画伯かフミヤかっていうもんねー。いやー、楽しみだなぁ。

それよりもひとつまじめに。かなり話題にもなってますが納得いかないことを最後に。
ジブリプロデュースの「サツキとメイの家」ですわ!
事前入館予約制ってなんなの?て感じです。

予約受け付け開始と同時に即完売。ネットオークションで売買されるって、まーあたりまえですわなぁ。まーそれはいいんですが、会場に子供連れて行けば「あそこ行きたい!」になるにきまってるじゃん。パパ予約券持ってないから入れないのよなんて通用するわけないじゃん。愛知くんだりまで出向いてなにが悲しくて子供から罵声を浴びなきゃいかんのよ。

というか、万博自体は海外の方も来場することを前提としてるんならば(来るのかどうかは知らん!)、こんなことしてたらいかんのと違うかと。んな閉鎖的なことしてなにが万博だと。
三鷹のジブリ美術館に建てりゃいいじゃん。意味分からんわ!

まー、万博は券あるんでそのうち行ってきます。サツキとメイの家にはお邪魔させてもらえないけどな!は!

そうそう「愛・地球博」って「あいち」と「ちきゅう」がかかってたんだねぇ。さっき気づいたわ・・・。カリコリ・・。