Archive for 2009 年 3 月 20 日

書籍のお仕事「出せない手紙 ~」カバーイラスト

最近のお仕事。

20090320

書籍「出せない手紙 ~愛しい君へつづったリアル恋歌~ 」カバーイラスト。

主婦の友社さんから発売です。

 

甘酸っぱい青春が詰まった一冊です。おっさんもオススメしますw


カブ シート交換

嫁カブ号のシートをセミダブルシートに交換。

20090314

ホワイトデーのプレゼントということで^^

きれいすぎて、ちょっと浮いてる!?

もうちょっとヤレてきたらいい感じになるかなー?

 

ボクのGPZは、最近、ブレーキがちょっとおかしい・・・

ブレーキの握りしろが深くなったり浅くなったり。

エア抜き&キャリパー掃除とかしてみるものの、変わらず。

マスタシリンダー?キャリパーO/H?ブレーキロローターが歪んでるのか?

ん~~、場所が場所だけに素人には限界がありますなぁ。

近くにいいバイク屋さんがあるといいんだけども><

困った・・・


アウトサイダーアート

お仕事が色々と平行して進んでいたりで、このところ休日の予定がなかなか組めないのです・・・

なのですが、FB待ちが重なったもんで、以前から行きたかった絵画展に行ってきました。

場所は滋賀県の近江八幡市にある、ちょっと変わったミュージアム「NO-MA」。

http://www.no-ma.jp/

昭和初期の町屋や蔵を改装したミュージアムで、主に「アウトサイダー・アート」と呼ばれる障害を持ったアーティストの作品を展示しています。

d1000263

現在は、「アール・ブリュット作品との対話~心の病と表現衝動」を開催中です。

会場はふたつに分かれていて(ちょっと離れてるんだけども、古い町並みの中を散歩していく感じなのでこれがまたいいんです)、第一会場は「アロイーズ」展という、総合失調症の女性の人の作品展示になってました。

作品の雰囲気は乙女チックという言い方は適切ではないんだけども、「王子様とお姫様」的な作品が多いです。

でも、普通じゃないです。迫力あるんです。見入ってしまいます。で、ちょっとその空間に酔ってしまうほど・・・

既成概念がない、枠がないというか、精神障害というハンデがあることで、逆にとらわれることなく表現が出来るのでしょうか?

すごい!おもしろい!クラクラする!

 

第2会場では「目覚めぬ夢」展が開催中。

d10002691

こちらでは、韓国や日本などアジアの5名のアウトサイダーアーティストの作品が展示されています。

こちらの展示作品、かなりぶっ飛んでます!もー、かなりキテます!

ある人は、小学校や中学校なんかで良く使った2mm x 2mmマスぐらいのグラフ用紙にまず、コンパスで細かく細かく穴をあけて、それをキレイに線でつなぎ合わせて「世界のコントロール室」の設計図を描いたりしてます。

むちゃくちゃ緻密です。(元々、製図を仕事にしていた方のようですが、40代で精神病になられたようです)

別の方は、自分のお父さんが全宇宙の総指揮官と信じていて、そのお父さんの肖像画を描いていたり、宇宙との交信記録を残していたり。意味不明で狂気にあふれています。すげーー!

その中でも衝撃度NO.1は、自身が入院している同じ精神病院の女性患者との想像上の「まぐわい」を濃厚に描いた作品群。

パンパンになったイチモツが!荒々しく力強い作品で(地方に伝わる昔話の絵本っぽい?)、夢に出てきそうなほどに衝撃的です。ぶっ飛ばしすぎ!

 

ほんとに、おもしろい企画展です。

精神障害を持つ方々の作品だからといって、重い気持ちでかまえて鑑賞するなんてことはいらないと思います。

そんなこと関係なく、ガッツンガッツンやられてしまうはずなのでw

 

この企画展は5月10日まで開催されているようなので、興味を持たれた方は是非!とオススメいたします。

実際の作品の迫力を生で!

ボクも、開催期間中にもう1回は観にいきたいと思ってます。


超劇場版ケロロ軍曹 撃侵 ドラゴンウォリアーズであります!

ケロロ軍曹、映画第4弾。

お子達と観て来ました。

公式サイト

なんやかんやで、これまでのケロロ映画は全部映画館で観てるんだけども・・・

まぁ、回を重ねるごとにアレな感じを個人的には感じてしまいます・・・

ストーリーやキャラクターの扱いに変化をつけていこうとすることにより、全体としてのバランスがくずれてしまうのかなぁ・・

ケロロ軍曹という作品のおもしろみのひとつである、個性的なキャラクター付けが活かしきれていないようで、今回もボク的にはイマイチでした。う~ん。

お子達は声出してケタケタ笑いながらみてたから、まぁいいかー。

アニメ映画のシリーズ化、クレヨンしんちゃんもそうだけども、初期の頃の作品はおもしろいもの多かったんだけどなぁ・・